[Vagrant]vagrant upするまで

LINEで送る
Pocket

https://www.vagrantup.com/downloads.html

https://www.virtualbox.org/

mkdir -p ~/vagrant/dev
cd ~/vagrant/dev
vagrant box add centos/7
vagrant init

vim Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "centos/7" #追加
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.15" #追加
end

vagrant up
vagrant ssh #ログイン
sudo yum update -y #パッケージをアップデート
exit
  • 共有フォルダの設定

ローカルの ~/vagrant/dev 配下をvagrant先の /var/www/html にマウントする

Vagrantで共有フォルダの設定をする

  • その他コマンド
- 現在の状況:
vagrant status

runningなら使ってなくてもRAMとCPUを消費中。
 
- boxのリストを確認:
vagrant box list

どんなOSがMacに入っているか確認。
 
- boxを削除:
vagrant box remove centos_64

使わないのは消しちゃおう
 
- ssh接続情報:
vagrant ssh-config

sshログインするための情報が確認できます

- 停止
vagrant suspend

- 削除
vagrant destroy
  • Plugin
- install
vagrant plugin install 〜

- sahara:
サンドボックスモードを有効にするプラグイン。
サンドボックスモード内で実行した操作はロールバック機能で実行前の状態に戻せる。
 
- vagrant-cachier:
yumやapt-getなどパッケージ管理システムのパッケージをローカルにキャッシュすることでプロヴィジョニングの実行を高速化するプラグイン。
 
- vagrant-global-status:
ホスト端末内のすべての仮想端末の情報をまとめて一覧表示してくれるプラグイン。
 
- vagrant-omnibus:
仮想端末のChefのインストール状況を確認して、
必要があれば自動的にインストールしてくれるプラグイン。
 
- vagrant-vbguest:
仮想端末がVirtualboxの場合、仮想端末のVirtualbox-guest-addtionのインストール状況を確認して、必要があれば自動的にインストールしてくれるプラグイン。
 
- vagrant-vbox-snapshot:
仮想端末のスナップショットを管理するプラグイン。

Was this helpful?

1 / 0

コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *