LINEで送る
Pocket

#!/bin/bash
#chkconfig: 2345 85 15
#descpriction: node
#OS CentOS6

# source function library
. /etc/rc.d/init.d/functions

RETVAL=0
NODEPATH=/home/adachin/node

start() {
        echo -n $"Starting node: "
        cd $NODEPATH && export NODE_PATH=$NODEPATH/src; /usr/bin/node $NODEPATH/tmpl.js >/dev/null 2>&1 &
        RETVAL=$?
        if [ $RETVAL == 0 ]; then
          success
        else
          failure
        fi
        echo
}

stop() {
        echo -n $"Stopping node: "
        /usr/bin/pkill node
        RETVAL=$?
        if [ $RETVAL == 0 ]; then
          success
        else
          failure
        fi
        echo
}

status() {
        if /usr/bin/pgrep node > /dev/null
        then
          echo -n $"node is running: "
        else
          echo -n $"node is not running: "
        fi
        RETVAL=$?
        echo
}

case "$1" in
  start)
        start
        ;;
  stop)
        stop
        ;;
  status)
        status
        ;;
  restart)
        stop
        start
        ;;
  *)
        echo -e $"Usage: $0 {start|stop|restart}"
        exit 1
esac

exit $RETVAL
The following two tabs change content below.

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。