[AWS]ALB セキュリティポリシーについて

LINEで送る
Pocket

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticloadbalancing/latest/application/create-https-listener.html#describe-ssl-policies

  • ELBSecurityPolicy-2016-08 (デフォルト)
  • ELBSecurityPolicy-TLS-1-0-2015-04
  • ELBSecurityPolicy-TLS-1-1-2017-01
  • ELBSecurityPolicy-TLS-1-2-2017-01
  • ELBSecurityPolicy-TLS-1-2-Ext-2018-06
  • ELBSecurityPolicy-FS-2018-06
  • ELBSecurityPolicy-FS-1-1-2019-08
  • ELBSecurityPolicy-FS-1-2-2019-08
  • ELBSecurityPolicy-FS-1-2-Res-2019-08
  • ELBSecurityPolicy-2015-05 (ELBSecurityPolicy-2016-08 と同じ)

現状複数のポリシーがあるが、基本的にはデフォルトである ELBSecurityPolicy-2016-08 を選択すること。
Protocol-TLSv1.1、1.2、その他のSHAにも対応している。

互換性のために ELBSecurityPolicy-2016-08 ポリシーをお勧めします。Forward Secrecy (FS) を必要とする場合は、ELBSecurityPolicy-FS ポリシーの 1 つを使用できます。ELBSecurityPolicy-TLS ポリシーの 1 つを使用して、特定の TLS プロトコルバージョンを無効にする必要があるコンプライアンスおよびセキュリティ標準を満たすか、廃止された暗号を必要とするレガシークライアントをサポートできます。TLS バージョン 1.0 を必要とするのは、一部のインターネットクライアントのみです。ロードバランサーへのリクエストの TLS プロトコルバージョンを表示するには、ロードバランサーのアクセスログ記録を有効にして、アクセスログを調べます。詳細については、「アクセスログ」を参照してください。

Was this helpful?

0 / 0

コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *